女性の脚と花
  • ホーム
  • 水虫で娘に嫌われる!営業マンの革靴は要注意

水虫で娘に嫌われる!営業マンの革靴は要注意

営業マンは革靴を履いて外回りで大変ですが、靴の中はもっと大変です。
特に夏は暑いので、汗を大量にかくために靴の中が相当蒸れます。
これは、足にとってとても過酷な環境です。しかし、あまり対策を講じていない人が多いです。
革靴を履いて歩きまわる営業マンだからこそ水虫対策を早く始めましょう。

水虫は蒸れる革靴を履いている人が気を付けなくてはなりません。
長時間、蒸れた革靴を履いていると白癬菌が増殖します。白癬菌は高温多湿を好みますから、どんどん増殖するでしょう。
これは、夏もそうですがどの季節であっても注意しなくてはなりません。
冬も意外と足は大量の汗をかいていますので、冬も白癬菌が増殖します。

水虫で娘に嫌われると思いませんか。娘のためにも何もしないわけにはいきません。
蒸れた革靴を長時間履き続ければ、脱いだ時に強烈なにおいがします。
水虫だけではなく、においもきついので娘が近寄らなくなるかもしれません。そういうことにならないようにしましょう。

ただし、足がかゆくないから問題ないと油断してしまう人が多いです。
水虫になれば必ず足がかゆくなると誤解されていますが、必ずしもかゆくなるとは限りません。
無症状のことも多く、気が付いた時にはかなり進行していたということもあります。
外回りをしていると、長時間革靴を履いたままですから対策を早めに始めましょう。

靴用のスプレーを使うだけでも白癬菌の増殖を抑えられます。
また、10円玉を革靴に入れておくと、銅イオンによって白癬菌の増殖を抑える上ににおい対策もできます。
革靴は通気性が悪いので、何か工夫しておかないとすぐに蒸れるのでこれらを試してみませんか。

娘にすでににおいや水虫で嫌がられていませんか。
忙しいことにかまけて対策をしなければ、何も改善しません。
しかし、対策を日ごろから行うようにすれば、においも水虫の心配もなくなります。
何らかの症状が出てからでは遅いので、何も症状がない今から始めましょう。

蒸れないよう対策したりこまめなケアで清潔に保つ

水虫対策として理想なのは、常に清潔で乾燥している環境です。しかし、外回りの営業マンに革靴を履くなと言うのは現実的でありません。
そのため、日中の蒸れ対策と靴を脱いでいるときの対策を併せて行う必要があります。

まず、水虫の原因である白癬菌を増殖させない環境作りをしましょう。
普段履く革靴の場合、できるだけ乾燥させるように心がけます。
帰宅後そのままにしておくのではなく、風通しの良い場所に置いたりドライヤーを使って乾燥させると良いでしょう。
乾燥後、さらに除菌スプレーを使用することで効果アップにつながります。

また、中敷きを引いておき、汗を吸収してもらうことも有効です。中敷きはこまめに取り換えるようにしましょう。
においが気になる人は消臭タイプの中敷きを選ぶとよいでしょう。手軽なところでは、先に述べた10円玉を入れておく方法でも構いません。

靴下からも対策アプローチは可能です。素材は当然通気性の高いものを選びましょう。
化学繊維のものは避け、綿や麻、絹などの素材を選ぶのが適切です。厚手の生地であれば汗を吸い取ってくれるので、蒸れの軽減につながります。
形状も足先が5本指にわかれているものを選択すると、湿気を逃がす効果が期待できます。
さらに、夏場や年間通して汗を多くかく人は替えの靴下を用意しておき、適度に履き替えるとよいでしょう。

そして、忘れてはならないのが足自体の水虫対策です。
毎日洗うのはもちろんのこと、足の指までしっかりと石鹸をつけ洗うよう徹底します。
ただし、このときあまり強く洗ってしまうと、皮膚が傷つき白癬菌の侵入を許してしまうので注意する必要があります。
洗った後はよく水気を拭き取り、素足のままにせず靴下を履くのも大切です。

水虫に嫌われても娘には嫌われない、清潔な足を保つよう努めましょう。